FC2ブログ
日常のあれこれを適当に書きなぐった日記です。アニメネタ、動物ネタ、買い物ネタやや多し? ゲーム話を御覧になりたい方は、リンク集の「町のネズミの1.5人言」をよろしく。
どっかとおくへいきたい
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
で、ようやくスイス旅行日記(本文)を書き始めるわけだが
2014-10-29-Wed  CATEGORY: どっかとおくへいった
例によって、帰ってきてからもう軽く2カ月はたってしまってますが……。
あれこれ書きたいことがあるので、書きます。

ressha2.jpg

スイスはヨーロッパのうちでもダントツで行きたい国で、もう何年も前から親と行きたい行きたい行ってて、(主に健康上の理由で)ハイキングができるうちに行こうということで、今年ようやく行ってきました。
(ちなみに行きたい国2位はオーストリア、3位は北欧のどこか。あんまりフランスだのイタリアだのには行きたがらない。)

目的は、勿論アルプスの山々のハイキングと、氷河特急!!
長距離移動ながら、めちゃめちゃゆっくりと、8時間くらいかけて走る、というのを乗ってみたかったんですよ~~!!
移り変わる景色をじっくり眺めながら、優雅なお食事とかとか(笑)。

ressha1.jpg

この氷河特急をはじめ、スイスは登山鉄道など、列車が多いです。標高3000メートル辺りでも普通にレールが敷かれて列車が行き来しています。
そのせいか、山の上でもホテルやお店が充実してましたね。それから、トイレが素晴らしかった。

実は私は、日本以上にトイレが綺麗な国は存在しないと思ってたんですが、よく考えたら日本では富士山とか、山頂付近になると水洗トイレはなかなかないですよね………。
スイスは標高4000メートル近くても普通に水洗トイレです。恐らく鉄道が通ってるので、標高が高くても楽に物資を運べるので可能なんだと思われます。
この登山鉄道を作る技術、全世界に広まればいいなあ…と思ったり。日本の箱根登山鉄道は、スイスの鉄道会社の協力で造られたもののようで、スイスに「箱根登山鉄道」のラッピングがされた列車が走ってるのを見かけました。海外で何気なく日本語を見かけると何となく嬉しい……。

ressha3.jpg

登山鉄道の線路はちょっと普通と違っていて、↑のように、真中にギアを引っかけるためのギザギザがずっと通ってます。これにギアを引っかけながら進むことで、急斜面を上って行くNODA…。結構急角度で上ったりもして、氷河特急も途中でなかなかスリリングでした。
この氷河特急で、8時間ほどかけてスイスの東から西へと移動しました。
移動先はマッターホルンのふもとの、ツェルマットという町です。


zelmati.jpg

黒い木造家屋(?)が特徴のツェルマット。確かこの町自体が標高2000メートル足らず程度。
廃棄ガスを出す車乗り入れ禁止の素敵な町です。町中は基本的に徒歩で、馬車や電気で走る小さな乗合バスみたいなのも時々見かけます。
雰囲気ものんびりとしてて、(言葉の問題さえなければ)かなり住みたい町でした。

天気がよければ、町の中からマッターホルンの山頂が拝めます。
ツェルマットに到着した日の翌日はあいにくの曇りで、ケーブルカーやロープウェーを乗り継いで標高高いところへ行って、ようやくマッターホルンの素敵姿が拝めました。

mahol3.jpg
ちょい分かりにくいですが、写真右側の、雲の上にちょこーんと出てる白いトンガリがマッターホルン。
特徴的な形なので、見慣れるともうこの形だけで分かるようになります。

結局スイスでは山とかで雲よりも高い場所が多くて、標高高い場所に行けば雲の上に出られるので、あまり天気悪くてもガッカリすることはナイノダ。……曇ってたら曇ってたで、陽光で不思議な色に染まる雲海が見られたりして面白いです。
まあ、晴れてれば一気に地上の風景まで一望できて、そっちはそっちで圧巻なんDAGA。

mahol4.jpg
こちらは逆さマッターホルン。
風が穏やかで、湖面が真っ平らな瞬間でないと見られないという、かなりレアな光景です。結構マッターホルン周囲の山々で小さな湖やちょっとした水たまりが多くて、逆さマッターホルンの名所は何カ所もあるにはあるんですが、何分標高高くて風がよく吹く場所ばかり………。
目で見るより写真に撮ってみるとうまく逆さになって撮れてることが多いそうなので、どうにかこうにかこの程度で撮影。
うまく見えているかにゃ?


edel_2014112023571568a.jpg
マッターホルンの見える山の中腹辺りをハイキングもしました。
↑こちらの白いお花は、あの名曲で有名なエーデルワイスです。
(冒頭の列車の車体にもでっかく描かれてまうす。)

歌から、ちっちゃく可憐なイメージ持ってましたが、実際に見てみると、(高山植物なので)寒さに強い花らしく花びらが白い毛でモコモコに覆われた、ちょっとグロテスクなお花です。写真でちょっとでもモコモコ感が見えてるといいんだが…………まったく見えていない。


mahol5.jpg
そしてついでに、朝焼けの赤いマッターホルン。

山頂のゴルナーグラード駅から、↑がいい具合に見えるので、めちゃめちゃ早起きして登山(登山列車)でした。
最初のうちは日が昇る前で真っ暗だったYO。でも雲海が素晴らしい色合いで見えて素敵だったYO!


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
スイス旅行日記……より先に写真up報告のみさらに続き
2014-09-15-Mon  CATEGORY: どっかとおくへいった
denshaaruhuukei.jpg

スイス写真アルバムupようやく最終回です。

2014.8スイス・インターラーケン〜ユングフラウヨッホ

アイガー、メンヒ、ユングフラウの3つの山を眺めながらのハイキングコースがあるところです。
今回は動物多めです。カウベルつけた牛さんや、馬車を引く馬さん、駅の周辺をうろつくロバさんなどがいます。

ユングフラウヨッホは、鉄道が来る駅としてはヨーロッパで最も標高の高い位置にある駅とのことです。3454m。
山とハイキングコースとお花畑と電車のある風景が素敵です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
スイス旅行日記……より先に写真up報告のみ続き
2014-09-11-Thu  CATEGORY: どっかとおくへいった
前回の続きです。


2014.8スイス・ツェルマット〜マッターホルン

mahoru.jpg

マッターホルン(↑の山です)がいくつあるか数えてみよう!!!

ツェルマットは行ってみたらものすごく気に入ってしまったので、やたら写真が多いです。
マッターホルンは形が特徴的なので、適当に写真撮ってても分かりやすくて助かります。
逆さマッターホルンも辛うじて見えてます。
この山は別の場所から見るとまた微妙に形が変わるらしいですが、それでもあの尖り方は特徴的なので分かりやすいと思います。

2014.8フランス・シャモニー

chamonix.jpg

突然フランス領に入ってみた。

シャモニーの町からゴンドラを乗り継いで、モンブランが見える展望台へ。
この展望台の場所が、今回の旅行で最高地点となる、標高3,842mの高さで、すぐに息が切れて大変でした。
こんな場所でもカラス飛んでます。現地ガイドさんによるとハシブトガラスとのことなんですが、どう見ても違うと思った………。写真の中にごくわずかにカラスいます。


スイス旅行写真整理、まだ終わってまセン(汗汗汗)。


次回は最終回、インターラーケンからのユングフラウ鉄道&ハイキングです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
スイス旅行日記……より先に写真up報告のみ
2014-09-02-Tue  CATEGORY: どっかとおくへいった
はうぅぅぅぅ………。

日本帰ってきてから毎日が大変慌ただしく、写真整理もその他のことも遅々として進みませぬ…。
(今日、ようやくカラッと晴れて、たまっていた洗濯物が干せまうした。)

なので、どうにかPICASAにupできた写真のみ、先に公開致します。

bernina2.jpg


2014.8スイス・サンモリッツ〜ベルニナ線

スイス東側のクール又はダヴォスからイタリアのティラノまでを結ぶベルニナ線と、その途中で遭遇するモルデラッチ氷河へのハイキングコースの写真です。
なので、一部イタリアの写真が混じってます。

このベルニナ線、鉄道そのものが世界遺産になってます。
ハイライトは、橋を渡るところの急カーブ。激しく自分が乗ってる電車の後部車両が撮れるので、ここが最高の撮影スポット……(とのアナウンスが入りました(笑))。



hyouga1.jpg

2014.8スイス・氷河特急

サンモリッツからスイス南西部のツェルマットを繋ぐ、片道8時間にも及ぶ長距離鉄道…で、こっちの方が大掛かりで有名かと思いますが世界遺産でもなんでもないらしい…。

この旅行直前に、大雨による崖崩れで事故起こしたことで日本ではさらに有名になってしまいましたが、正に事故起こした箇所を通過しました。ちゃんと崖が補修されてて、一見して事故現場がどこか分かりにくかったですが、どうにかすぐ復旧したんだなぁと感心したり。

こちらのハイライトも、ランドヴァッサー橋という巨大な湾曲した橋を渡る瞬間で、車内アナウンスでしっかり「アトラクション」と言ってました(笑)。ただの橋渡りがアトラクションです。

……すなわち、スイスでは当たり前のように日本語アナウンスが至るところにあります。


すみませんが今回は取り急ぎ、アルバムの紹介のみで。
後日、もうちょい詳しい解説と共に日記書きます。

今回は鉄道回になりましたが、今後はもっと町風景、山風景、湖風景、ハイキング風景、牛さんとか、色々登場すると思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
スイスに行ってました
2014-08-24-Sun  CATEGORY: どっかとおくへいった
kawaiiusisan.jpg

本日、ようやく戻ってきました。

戻ってきてショック…………。

このブログ、丸3カ月間まったく更新してナカッタ…………(はう)。


スイス日記もなるべく早く上げられるよう頑張ります……が、いつになるやら(はぅ)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
年末年始台湾旅行
2014-02-03-Mon  CATEGORY: どっかとおくへいった
taiwan2.jpg

と言いつつ、日記に何故か1カ月以上もかかっている件……。


年末年始は、前から行きたい行きたい思っていた台湾に行ってきました~~~!!

行きたかった理由
1.料理がすごくおいしいらしい(特に中華料理好きにはお勧め)。
2.冬暖かめ。




今回は初めての台湾ってことで、ほぼ台北と高雄で大都市ばっかり巡ってきたので、いまいち写真が面白くないんですが(コラコラ)、それでもかなりあちこち撮影してきたので載せていきます。

↓こちら、今回の旅行で唯一の絶景スポット、太魯閣。

taiwan3.jpg

taiwan4.jpg

taiwan5.jpg
狛犬は常に旅の癒し(笑)。


taiwan6.jpg
こちら、花蓮の天然石工場に住み着いてる野良犬さんたち♪
台湾は結構野良犬がいるようで、旅行中にあちこちで見かけました。↓の奴らは、すごく人懐っこくて可愛かったですぅぅぅ。工場の番犬もやってくれてるらしい。

名前は……
白ブチ:ココ
黒:チチ
茶色:シャオファン

だったかな…………(ハゲシクマチガッテルカモシレナイ)。


花蓮は台湾翡翠の産地で、天然石マニアとしては何か買わねばと思ってたら、ホンモノのキャッツアイなどというお宝な石がいっぱい並んでいたので、どうにかこうにかヤスイノヲサガシテ買いました。恐ろしすぎるので写真は紹介できませんが、台湾翡翠カラーの(モスグリーン系)、一目で合成キャッツアイとは違うと分かる輝きのお方です。


taiwan7.jpg
高雄より、龍虎塔。
↑こちらは虎の塔。毛並みが素晴らしすぎです。固いけどもふもふしたくなった(笑)。
龍虎塔は2つの塔の入口がそれぞれ龍と虎の口になってて面白い場所でした。

taiwan8.jpg
もう1つ高雄より。台湾で一番美しいといわれている地下鉄のホーム。
天井の絵画の意味が分かるともっと面白かったんだがなあ………。

台湾にはMRTという鉄道網があって、たった1駅だけ乗車体験してきました。
写真も何枚か撮ったが……まあ日本の地下鉄と同じような雰囲気です。

高雄は台湾の南側なのでだいぶ暖かくて過ごしやすかったです。冬なのでコートは薄めのならあってもいいくらいだけど、うっかり冬の格好で行ったらめちゃめちゃ暑いくらいのところ。
冬はやっぱりこういうところに行きたくなってしまう…。こういう場所はかえって服装のチョイスが難しくなるものの。


taiwan9.jpg
今年は台湾で初詣。
台北の神社はめっちゃめちゃ混雑してました。旧正月なので、まだシーズンではないものの、それでも人いっぱいいたなあ……。会社がカフェ経営を始めたので、商売繁盛のお守りを買って帰ろうと思ったが、店にたどり着かないままタイムアップ。


すみません、もう全然ブログ時間がないので、かなり駆け足で日記書いてしまいましたが、写真は後日picasaにたっぷり上げます。上げたらリンク貼ります。


最後………台湾行ってびっくりしたこと。


taiwan1.jpg

年末年始、ずっとクリスマスまっただ中でした。

どうもアジア圏で12/25が終わるとさっさとツリーをしまってしまうのは日本だけらしい………。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
実はこのところ半年に一回、河口湖に行ってます
2012-10-03-Wed  CATEGORY: どっかとおくへいった
kawagutiko1.jpg

携帯百景ではすっかりおなじみになってるかもなんですが、このところよく河口湖に行きます。

実は会社の(派遣元の方)研修旅行があって、半年に一回、いつも同じホテルに泊まって2日間の研修を行うんです。

研修内容:主に新規事業のプレゼン練習(しかも英語で)

グループ制度があって、そのグループごとにプレゼンを作って皆の前で発表するという、…………この歳にして何故皆の前で発表なんて緊張しまくることをするとは思わなかったzo………。


kwagutiko3.jpg
それでもまあ、何だかんだで今回で参加3回目です。
普段まったく会わない人々に会えて楽しいのと、やっぱり湖畔の風景が和むのでこのところちゃんと参加するようにしてます。
たまにはプレゼン資料作りからしっかり参加したいのお……(いつも資料作りはグループ会参加時間がなくて人様に任せてしまうもので……ほぼ読み上げ専門要員…)。


kawagutiko2.jpg
お夕食。
参加者が若い人たちばっかりなので、結構、がっつり。


河口湖へは、JR大月駅から富士急線に乗り換えて行くんですが、富士急線が時々激しく素敵車両で来るのでいつも楽しみにしてたりします。

今回の帰りは、こ~んな車内だったっ!!(客室料200円別料金)

hujikyuu2.jpg

hujikyuu3.jpg

hujikyuu1.jpg
女性ガイドさんが、「富士山が只今右手後方に見えております」とか、観光案内してくれます。
が……例によって私の電車の旅は、PSPだったり小説のお直しだったりで全然観光案内など聞いていなかったりする……(何たる奴じゃ)。


そうそう、この帰りの日はちょうど台風がこれから来るって時で、大月駅にどうにか着いたものの、そこから特急がなく、のったりまったりと普通電車で帰りました。
3~4時間はかかったかなあ、電車だけで。




では、最後になりましたが告知事項。


shasinten.jpg

ギャラリーコスモスさんの写真展が開催中なんですが、私も1点、写真を展示させていただいております。

もしお暇でしたら、のぞいてみて下さい。

(自分の写真があまりにもヘボすぎて嫌になってるので、告知どうしようか迷いましたが、一応告知します。私以外の方の作品があまりにも美しすぎて素敵すぎで、是非是非多くの方に見ていただきたいので!!!)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
熱海へ花火見に行ってきました!
2012-08-20-Mon  CATEGORY: どっかとおくへいった
只今、絶賛夏休み満喫中。

……といっても明日までのたった2日間なんですがね。


というわけで、携帯百景では何度か写真上げましたが、熱海行ってきました!
激しく花火大会楽しんできましたYO!!!


ataminoyoru.jpg
まず、熱海の夜景を何となくのっけてみる。
海の上に船がいます。
この海上が花火大会の会場とのこと。

↑どこが海か分かりにくいですが、後ほど朝の風景も合わせて紹介するので大丈夫ですYO。


花火大会はホテルで屋上席を予約したので、かーなーりいい位置でいい写真撮れまくりました。


atamihanabi2.jpg

……といいたいですが、さすがに花火が弾けた瞬間がなかなか撮影できなくて、無数のスカ写真の中にわずかながらちょっと撮影成功したかな〜程度の写真が少し混ざってたくらいDEATH。

atamihanabi1.jpg
花火、この光が垂れる様子がすごい美しいYONA………。


atamihanabi3.jpg
花火、次から次へと打ち上がって光が賑やかです。
撮ってみると、一度に何種類も光が見えたり、贅沢に火薬使ってるなあと。


atamihanabi4.jpg


atamihanabi6.jpg


atamihanabi5.jpg
↑一応、これが今回の花火撮影のうちでは最高傑作です。
赤い色が綺麗に出たのと、光が降るちょうどその瞬間が撮れてすごい嬉しい!!


写真はかなり難易度高かったので、動画も撮ってみましたYO。



音もすごい迫力だったので、そのまま投稿DESU。
私の声が一部入っているのは…………困りものDA。


ataminoasa.jpg
で、花火大会明けの朝の光景。
角度は違いますが、のっけの夜景と同じ場所です。

海のさざ波っぷりと木の影の長さがなんかSUKIDA。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




余白 Copyright © 2005 どっかとおくへいきたい. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。