日常のあれこれを適当に書きなぐった日記です。アニメネタ、動物ネタ、買い物ネタやや多し? ゲーム話を御覧になりたい方は、リンク集の「町のネズミの1.5人言」をよろしく。
どっかとおくへいきたい
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
実は耳掃除動画にハマっていたりする
2015-10-14-Wed  CATEGORY: 変なモノ
はうぅぅぅぅ………。

職場の引っ越しが終わって、非常に疲れた一日でありました……。
(何と四半期決算の真っ最中。そっちは激しく終わってイナイ。)

とにかく疲れたので、今日は激しく癒し動画のご紹介で時間を無駄に潰しまうす。


かーなーり親しい方々にはちらちらっと話したことがありますが、実はこのところ、耳掃除の動画を見るのが大好きになってます。
なんか、見ててスッキリ爽快な気分になれるんDAYONAA。




まずは大人気な、ロベリアさんの取材動画。
耳掃除の様子もさることながら、会話が笑えまくりです。妙に。




耳が綺麗になっていく様子が癒される、カリスマ耳掃除シリーズ。
なんかこういうのって、見てて幸せな気分になる。何故だろう……(笑)。
今はこうしてイヤースコープがあるから、こうやって中を見ながら耳掃除ができたりしていいにゃあ。こういうの見るとイヤースコープ欲しくなる。しかし自分でやるとなかなかここまで綺麗に見えないらしい…。




しゃべり方が癒される、高橋先生のシリーズ。
耳たぶのマッサージがすごく気持ちよさそうで、やってもらいたくてしょうがないです。
この先生もなかなか言葉遣いが面白くて、他の動画も色々とオススメです。




最後にもちろんこれは外せにゃい、猫さんたちのうっとり顔がたまらないシリーズ。
猫さんたち、みんなおとなしくしてて、もふもふしてて可愛いなあ…。



はうぅぅぅ。ほとんど自分が癒されたくて、勢いで色々のっけてしまいました。
日々こういった耳かき動画を探しまくってます。

実はイヤーエステにも行ったことがあって、かなり気持ちよかったものの、やっぱり高くてあんまり気軽に行けないのが困り者。はう。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
紫陽花が当日記を征服
2015-06-12-Fri  CATEGORY: 変なモノ
ajisai1.jpg

職場近くの仲良し公園の紫陽花。今年も綺麗に色づきました♪

実は紫陽花が大好きなんです………。

ajisai2.jpg

こんもりしたこの重量感とか、鮮やかな色合いなとことか(花や萼だけでなく、葉っぱの明るいグリーンも好き)、色が土壌のphによって変わるところとか、開花するかなり前から見ごろなとことか、実は葉っぱに毒があるところとか、放っておくと庭を一面征服してしまいそうな勢いで増えるところとか………(笑笑笑)。
雨や曇りの日が撮影にちょうどいいというのも、なかなか日当たりよく撮影できないヘボカメラマンにはありがたいです。

↑、よう見ると、また酸とアルカリの狭間にいる奴がいる………。


ajisai4.jpg
そしてこちらは、うちの紫陽花DA。
もう20年以上前から、とっくにかなりの面積、庭を征服されていまうす。

ajisai5.jpg
右中央手前の、開花している!!
紫陽花の開花は、よく見ないと分からにゃい。


ajisai12.jpg
額紫陽花の額とは、額縁のことらしい。
お花の周りにつく萼のことではないとのこと。形が額縁に入った絵画みたいだからだってSA。


ajisai6.jpg

ajisai8.jpg

うみゅ。今年はピンクがかったのも、結構綺麗な色が出た。
(いつも激しくドドメ色………)


ajisai13.jpg
そして実は、外からはまったく見えない位置に、白い紫陽花もあったりスルノデス。
白は土壌のphによって色が変わることがないので安心らしい……。



以下、ご近所の紫陽花。

ajisai10.jpg

ajisai11.jpg
白縁、メガウツクシス!!
しかしこういう人工的な色は、鉢植えでしか保てないようです。普通に大地に植え替えると、翌年からは容赦なく平凡な色になるトカ……。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
夏来たった
2015-05-19-Tue  CATEGORY: 未分類
dareda1.jpg

日記もよう書かずぬぼ~~っとしてたら、あっという間に3カ月が過ぎた………。

夏になってきた…………。


そんなわけで、ぬぼくんの素敵太陽顔から始めましたが、本日は今年の夏の準備のお話です。


cru2.jpg
突然ですが、エレガンスクルーズにハマりました。
夏に向けて、こういう爽やかな夏ラインナップが出るとは、こ、こ、これはもう転ぶしかにゃいだろう………。その上、プチプラでこそないものの、クルーズ商品は全体通してそれほど高額ではないので、私でも(辛うじていくつかは)購入できるということで、さっそく購入しちまいました。

上:ファインカラー S09
 このところ急な飲み会予定等で、携帯できる軽いシャドウ(できればキラキラが望ましい)の需要がめちゃ高く、様々なメーカーのを集めてたりするので(マジョマジョやキャンメイク、ワンダーハニー等)、さらに1つ追加。携帯用は見た目がオシャレであることも重要なので、↓もう1枚、別角度からの写真ものっけますが、ブルーの貝殻をモチーフにしたケースが素敵すぎて購入決定です。ケースはマグネットでアイカラーの入替自在にゃのだ。

下左:ラディウォーター PK101
 この液体、濃いようにも見えますが頬に載せてみたらすごくほんのりして可愛かったので、2000円でちょっち悩んたものの購入しちまいました。液体チークは乾燥肌には使いやすい割にレアなので、これもまた様々な色を集めています。
 少し前に参加した某セミナーで、私はブルーがかったピンクが一番肌に合うという結果が出て、これまではオレンジチークが好きでやたら買っていましたが、今後はピンク多めでいきます。店員さんにも、PK101とOR201ではPK101の方が合ってると言われたしな……しかし家でやる時、ピンクのチークの方が遥かに失敗率が高いのは何故にゃのだろう…。

下右:ステインルージュ S02
 これが今回の一番のお目当て。
 デザインが可愛くて、流木をイメージしてるそうです。写真がヘボで分かりにくいですが、ちょい大理石のような質感(そこまで重くないが)。
 そして色は、悩みに悩んだ末、キラキラなピンクが眩しいS02に決定。色系統はファインカラーと同じ(汗)。
 Sはソレイユの略で、グリッターたっぷりのキラキラなラインナップです。実は激しく黄金なS04や、激しくカッパーなS03も欲しくてしょうがないんですが、1つ2500円と(私にとっては)かなり高価で、口紅なのにロクに色もつかない系統ばっかりでドウスルと店員さんにもツッコまれそうな気がして(笑)、一応N03とか、通常の色つきも検討していたら、N系統(ネイチャーの略)の中で気に入った色とキラキラと、ほどよく中間にあったS02に決定しました。ま、まぁ最初だからこれでいい、か。……いつか絶対S04買ってやる。
 口紅は、基本的に薄付きのものが好きです。なので、M系統(マーの略)は始めから選外。潤いとキラキラがあればそれでイイノダ。それとこのステインルージュは、紫外線ダメージから唇を守ってくれるそうです。夏でもお外動き回るので、マジタスカル。

cru1.jpg

ああああ、新年早々散在しまくっちまった………これでしばらく化粧品は買えない……と思ったら、5/21(木)はマジョマジョ新商品発売日ではないか………!!今回はパンフだけもらって終わりになる、かも。スンマソンお金なくて。



wond1.jpg

とかいいつつ、ワンダーハニーのハンドクリームもしっかり買った。夏向けに、ひんやりハンドクリーム。左がジンジャーソーダ。右がキューカンバー。
ジンジャーソーダは香りが好みすぎて外せませんでした。キューカンバーは、他では絶対見られないであろう香りですね(笑)。なかなか爽やかな、涼しげな香りです。
夏の自宅は、なるべくクーラー控え目で過ごしたいので、こういうひんやりアイテムは貴重です。炎天下を歩きまわる時にも大活躍です。
それと、中央のポンポンチーク(ひなた色)は、白ウサギの尻尾パフが可愛い上にめちゃめちゃ軽量なので、これまた携帯用に。よく温泉とか、おふろの王様とか行くので、ちょっとしたメイク道具はできるだけ可愛いものを持ちたいにゃふ。


natucha.jpg

あれ?
夏に向けて、ルピシア茶もいっぱい買いまくった……と思ってたら、大昔に買ったっきりそのままになっていたお茶(しかも夏に不向きな紅茶が多い)を一挙ご紹介のコーナーになってシマッタ……。
紅茶は体を温める系統なので、それほど夏向きではナイノダ……しかも中央やや上の小さい丸は、一昨年のバレンタインの時期に買ったショコラアールグレイだし………。

ホワイトサングリア(下左の丸)は、白ワイン風味のフルーツの香りたっぷりなお茶で、これはアイスティーとの相性がいいので、今年は激しくこれでアイスティ作りまくるかな。しかしアイスティーに合うといえば、メロン烏龍とシャンパーニュロゼに敵うものなし。フルーツ烏龍はとにかくアイスティーにして失敗したことがないです。

そうそう、焚火(一番下)もフルーツ烏龍で、職場でホットで飲んでしまいましたがこれからの時期になかなか合いそうです。

夏はお茶が楽しい季節でもある…………。


dareda2.jpg
冒頭の方がどうしてもぬぼくんに見えないという方へ。↑ぬぼくんであるという証明。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
いつの間にやら、今年も猫の日です
2015-02-22-Sun  CATEGORY: かわゆい動物さん
yurunekonubo.jpg

2/22は猫の日です。

……と、当ブログで何度ご紹介したことか……(笑)。


ただ、今年はちょっと家で事件がありまして、絶望的に時間がないので、このところカールアップカフェさんにもあまり行けてなくて、あまりニャンコさんの新写真がありません。

そんなわけで、少し前ですがゆるゆるなぬぼくんを………。


yuruyurunekonubo.jpg

これくらいゆるくなりたい…………マジこういう生活がしたい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
久しぶりにマジョマジョ新商品購入日記を書く
2015-01-28-Wed  CATEGORY: マジョリカ・マジョルカ
今月21日はマジョマジョ新商品発売日でした。
そんなわけで、いつもの如く収穫商品を撮影して当ブログに上げようとして気づいた。

………かなり長いこと、マジョマジョ日記書いてないでYANNO………。

いつからか、ブログ書く余裕(主に心の)がなくなって、このところ月1回以下の更新ペースになってたんですな。アカンアカン。


そんなわけで今回は、ちょい前に収穫した商品も合わせ、幸せいっぱいマジョマジョ日記で行きます。

majoqueen.jpg
まずはこちら。↑今回の戦利品。
 マジョルック(イルミネーター)「昼のドレス」(左)
 マジョルック(イルミネーター)「夜のドレス」(右)

はうぅぅぅぅぅぅぅぅ………。
いつも新商品の時は、いくつか発売されるものから特にお気に入りな1つを選んで購入……なんですが、今回は選べませんでした。どっちも激しく必要としている色だった!!!

もともとピンクブラウンが大好きで、でもこれまでのマジョマジョはピンクブラウンやピンク×ブラウンの組み合わせのシャドウがほとんどなかったんですよね。なので「昼のドレス」は待ちに待った貴重なピンクブラウン系で絶対に外せない。
さらに、オレンジ系シャドウが結構肌なじみよくて、職場でも使いやすいので減りが早く、その割にはあまり一般的に出回ってなくて、「夜のドレス」も外せなかった………オレンジ系、ブラウン系、パープル系はオフィス三巨頭とも呼ぶべき、とにかく次々減るので大量に欲しい系統ゆえに、出たら欠かさず買ってしまう。

今回はどちらの色も職場で使いやすそうで激しく需要ありそうだったので、思い切って2つとも入手してしまいました。
まあイルミネーターは他のマジョルックシリーズより100円安いからイイノダ。

…………ただ気に入らないのが、名前がイマイチなところ………。

ここ何回か、名前が素敵なものに限って色が好みでなくて買えず、たいして名前気に入らないものばっかり買ってしまってるような…………名前、私のテンション的にはおおいに大事にゃのに。


あ、ちなみに今回のテーマは「女王様ごっこ」です。
女王様そのものではなく、ごっこ。

……どちらにしろ、私にはあまり興味のないテーマだったりする………。
(女王蟻とか女王蜂とかだったら興味持ったかもしんない。)


majopon.jpg
去年の戦利品。

花柄チークがおおいにツボで、チーク大量に持ってるにも関わらず、考えに考え抜いた末、ストロベリーミックスを購入。
ピンク系は(濃すぎたり暗すぎたりとかで)購入失敗チークが多かったので、今度こそ……という気持ちで購入。
実はまだ使い始めてなかったりしますが、この色合いならすごくほわっとして使いやすそうで、今から楽しみです。
とりあえず、パフ・デ・チークのピーチマカロンが後もうちょいでなくなるので、これなくなったら使用開始予定。……しかしどう考えても私の頬には失敗だったチェリーマカロンがなかなか減らなくて困る……薄~くつけないと絶望的に真っ赤になってしまうから、まあ当然のように減らないワケダガ。

ジュエリングアイズ(最右)は、この色の組み合わせが激しく使いやすそうだったのに、名前がイマイチな方でした。イマイチすぎて何て名だったか覚えてマセン。こちらの携帯百景でもしかしたらupしている………かも。かなり前に。

中央のライナーは、「魔法の露」だったかな?かなり素敵な色です………が、毎朝メイクのお時間が充分取れず、何だかんだであまり使えてマセン。いい色なんだかにゃあ。


majoroma.jpg
マジョロマンティカ~~~(マジョマジョの香水)もしっかり紹介。

左は私の大好きなバニラの香り。癒される~~~。こういうのはつけるのではなく、自分で蓋開けて一人こっそり香りを楽しむのに使ってまうす。時々栞に垂らしてみたり、加湿器(電気要らない簡易版)の水に垂らしてみたり。
右の赤い方は、フルーツの香りたっぷり。甘くてこちらも癒される~~~。
甘いものは太ると分かっているのに、ほんとヤメラレマセヌ。

そして、バックにいるのがあの致命的に絶望的な…………。

majowhite.jpg
2013年マジョマジョ10周年記念リトルハミングブックの第4弾です。
…………もぅ、なんでupが今頃になるかな…………………。

1~3弾は少し前のマジョマジョ日記にまとめて上がってます。
第4弾はフェースパウダーで、赤ら顔な私にはすごく使いやすい色のセットです。
でも何だかんだでまだ使い始めてにゃい………。まだマジョスパイス(白銀とか黄金とかのキラキラパウダー)が残ってるからな(笑)。


ふう~~~。今回はかなりまとめて一気に色々なモノをのっけてしまいました。
ちなみに公式サイトはこちら。今回は何故かムービーがない………。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
冬始まって間もないのに、イルミ行きまくり
2014-12-22-Mon  CATEGORY: イルミネーション
毎日激さむスティックファイナリアリティブルブルドリームな日々が続いてますが、まだ冬始まったばっかりにゃんだよにゃあ…………。

dome10.jpg

にも関わらず、すでに今年はかなりの数、イルミ見に行ってます。


これまでに行ったところ
・新宿南口~西口(いつもの場所)
・カレッタ汐留
・銀座~丸の内
・東京ドームシティ
   ※2014年12月19日現在

特に東京ドームは携帯百景にも載せてオオサワギしやがったので、私の中でも記憶に新しいです(笑)。

イルミについてはこちらのpicasaアルバムに随時写真を上げていきますが、とりあえず当ブログでは、これまでに紹介したことのない場所を中心に日記を書こうということで、本日は、東京ドームシティ紹介します。

冒頭の写真が、イルミ紹介ページでもよく使われてる長~い光のトンネル。色がくるくる変わるので何枚でも撮りたくなりますが、あんまり撮りまくっても意味ないのでガマンガマン。遠くまで見えるように撮影すると壮観。

dome3.jpg
東京ドームシティ(旧後楽園)は遊園地なので、ジェットコースターや観覧車もあります。ただ、乗り物に乗らなければタダで敷地内に入れるので、今回はイルミのために入って写真撮りまくりました。

dome4.jpg
バイキングもな~~。

実はドームシティの敷地面積をナメてて、仕事帰りからの19時~20時半程度の巡回では、全然完全に巡りきれませんでした。結構おいしそうなレストランも多いし、ここは夕食込みで22時近くまでじっくり巡りたいところDA…。


dome5.jpg
曼荼羅をイメージした、ドーム型イルミネーション。
これもまた色が次々変わるので、かなり長居して写真撮りまくってしまった……。

dome6.jpg
下から天井を撮る。

奥に見えてるラクーアというのが、ドームシティ内にあるショッピングモールです。
この建物の上の方に、温泉が出るスパがあるらしいので、一生に一度は行かねばと思っていマウス。
(ただし今はおふろの王様にハマっているので、こっちに行けるのはかなり先のことになりそうDA)

dome7.jpg
ツリーもでっかいNYA。

dome8.jpg
ラクーアビルの手前にぶら下がったシャンデリアっぽいのが美しくて撮る。これまた色が変わる。
下のツリーの右に見えてるタノシソウナモノはメリーゴーランド。

dome9.jpg
メリーゴーランドを中心に持ってきてみた。
夜の遊園地って意外に楽しいかも知れない…。

dome11.jpg
綺麗なエリアだったので撮ってみたら、なんか説明の仕方が分からないほどゴチャゴチャと色々な要素が加わってわけ分からん写真になっとるDE?

ここ、手前に屋外席のテーブルと椅子が並んだエリアで、その周辺の木にピンクや紫のいくつもの玉のイルミネーションつけてて、奥に細長いクリスマスツリーが5つほど並んで、それぞれ違う色の電飾されてた。そもそもその向こうの、確かレストラン街になってる建物がまた外観カラフルで子供の城っぽいんだよなあ…。


dome2.jpg
木のライトアップが、素晴らしいんだけどなかなか写真成功しなくて、辛うじて成功した瞬間の色だけが写真に残ってます。
↑これは結構色彩豊かな瞬間の写真が成功して満足満足。


dome1.jpg

ちなみに今回、picasaの方見ていただくと東京ドームシティに詳しい方にはバレてしまうんですが、約半分しか巡れてません。まだまだイルミネーションの美しいエリアがあったりするNODA……しかし時間切れで巡れず。

なので、今年中にもう半分のエリアも巡回に行きます。
このブログには載らないと思いますが、アルバム写真追加予定です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
で、ようやくスイス旅行日記(本文)を書き始めるわけだが
2014-10-29-Wed  CATEGORY: どっかとおくへいった
例によって、帰ってきてからもう軽く2カ月はたってしまってますが……。
あれこれ書きたいことがあるので、書きます。

ressha2.jpg

スイスはヨーロッパのうちでもダントツで行きたい国で、もう何年も前から親と行きたい行きたい行ってて、(主に健康上の理由で)ハイキングができるうちに行こうということで、今年ようやく行ってきました。
(ちなみに行きたい国2位はオーストリア、3位は北欧のどこか。あんまりフランスだのイタリアだのには行きたがらない。)

目的は、勿論アルプスの山々のハイキングと、氷河特急!!
長距離移動ながら、めちゃめちゃゆっくりと、8時間くらいかけて走る、というのを乗ってみたかったんですよ~~!!
移り変わる景色をじっくり眺めながら、優雅なお食事とかとか(笑)。

ressha1.jpg

この氷河特急をはじめ、スイスは登山鉄道など、列車が多いです。標高3000メートル辺りでも普通にレールが敷かれて列車が行き来しています。
そのせいか、山の上でもホテルやお店が充実してましたね。それから、トイレが素晴らしかった。

実は私は、日本以上にトイレが綺麗な国は存在しないと思ってたんですが、よく考えたら日本では富士山とか、山頂付近になると水洗トイレはなかなかないですよね………。
スイスは標高4000メートル近くても普通に水洗トイレです。恐らく鉄道が通ってるので、標高が高くても楽に物資を運べるので可能なんだと思われます。
この登山鉄道を作る技術、全世界に広まればいいなあ…と思ったり。日本の箱根登山鉄道は、スイスの鉄道会社の協力で造られたもののようで、スイスに「箱根登山鉄道」のラッピングがされた列車が走ってるのを見かけました。海外で何気なく日本語を見かけると何となく嬉しい……。

ressha3.jpg

登山鉄道の線路はちょっと普通と違っていて、↑のように、真中にギアを引っかけるためのギザギザがずっと通ってます。これにギアを引っかけながら進むことで、急斜面を上って行くNODA…。結構急角度で上ったりもして、氷河特急も途中でなかなかスリリングでした。
この氷河特急で、8時間ほどかけてスイスの東から西へと移動しました。
移動先はマッターホルンのふもとの、ツェルマットという町です。


zelmati.jpg

黒い木造家屋(?)が特徴のツェルマット。確かこの町自体が標高2000メートル足らず程度。
廃棄ガスを出す車乗り入れ禁止の素敵な町です。町中は基本的に徒歩で、馬車や電気で走る小さな乗合バスみたいなのも時々見かけます。
雰囲気ものんびりとしてて、(言葉の問題さえなければ)かなり住みたい町でした。

天気がよければ、町の中からマッターホルンの山頂が拝めます。
ツェルマットに到着した日の翌日はあいにくの曇りで、ケーブルカーやロープウェーを乗り継いで標高高いところへ行って、ようやくマッターホルンの素敵姿が拝めました。

mahol3.jpg
ちょい分かりにくいですが、写真右側の、雲の上にちょこーんと出てる白いトンガリがマッターホルン。
特徴的な形なので、見慣れるともうこの形だけで分かるようになります。

結局スイスでは山とかで雲よりも高い場所が多くて、標高高い場所に行けば雲の上に出られるので、あまり天気悪くてもガッカリすることはナイノダ。……曇ってたら曇ってたで、陽光で不思議な色に染まる雲海が見られたりして面白いです。
まあ、晴れてれば一気に地上の風景まで一望できて、そっちはそっちで圧巻なんDAGA。

mahol4.jpg
こちらは逆さマッターホルン。
風が穏やかで、湖面が真っ平らな瞬間でないと見られないという、かなりレアな光景です。結構マッターホルン周囲の山々で小さな湖やちょっとした水たまりが多くて、逆さマッターホルンの名所は何カ所もあるにはあるんですが、何分標高高くて風がよく吹く場所ばかり………。
目で見るより写真に撮ってみるとうまく逆さになって撮れてることが多いそうなので、どうにかこうにかこの程度で撮影。
うまく見えているかにゃ?


edel_2014112023571568a.jpg
マッターホルンの見える山の中腹辺りをハイキングもしました。
↑こちらの白いお花は、あの名曲で有名なエーデルワイスです。
(冒頭の列車の車体にもでっかく描かれてまうす。)

歌から、ちっちゃく可憐なイメージ持ってましたが、実際に見てみると、(高山植物なので)寒さに強い花らしく花びらが白い毛でモコモコに覆われた、ちょっとグロテスクなお花です。写真でちょっとでもモコモコ感が見えてるといいんだが…………まったく見えていない。


mahol5.jpg
そしてついでに、朝焼けの赤いマッターホルン。

山頂のゴルナーグラード駅から、↑がいい具合に見えるので、めちゃめちゃ早起きして登山(登山列車)でした。
最初のうちは日が昇る前で真っ暗だったYO。でも雲海が素晴らしい色合いで見えて素敵だったYO!


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
スイス旅行日記……より先に写真up報告のみさらに続き
2014-09-15-Mon  CATEGORY: どっかとおくへいった
denshaaruhuukei.jpg

スイス写真アルバムupようやく最終回です。

2014.8スイス・インターラーケン〜ユングフラウヨッホ

アイガー、メンヒ、ユングフラウの3つの山を眺めながらのハイキングコースがあるところです。
今回は動物多めです。カウベルつけた牛さんや、馬車を引く馬さん、駅の周辺をうろつくロバさんなどがいます。

ユングフラウヨッホは、鉄道が来る駅としてはヨーロッパで最も標高の高い位置にある駅とのことです。3454m。
山とハイキングコースとお花畑と電車のある風景が素敵です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2018/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




余白 Copyright © 2005 どっかとおくへいきたい. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。